2010年06月15日

13年度までに総合取引所=証券・商品先物を一体的に―新成長戦略(時事通信)

 政府は14日、証券・商品先物を一体的に扱う国内総合取引所「東アジア取引所(仮称)」を2013年度までに創設する方針を固めた。東アジアの拠点取引所として整備、日本市場の国際的地位の向上につなげるのが狙いで、政府が月内に取りまとめる新成長戦略に盛り込む。
 同戦略では、創設に必要な制度を整備することとし、証券取引所(金融庁)と商品取引所(経済産業省、農林水産省)の所管省庁の一本化なども検討する見通しだ。
 東アジア取引所の具体像をめぐっては、政府が一部出資して新しい取引所を設立する案や、既存の国内取引所を土台に総合化を図る案などが浮上。関連する制度整備では、複数省庁に分かれている国内取引所の規制・監督権限の一部を金融庁に集約する案に対し、他省庁が反発している。
 こうした省庁間の調整難航を受け、新成長戦略では総合取引所の創設時期などを示すにとどめる。今後、成長戦略策定会議(議長・菅直人首相)で省庁横断的に詳細を議論した上で、今秋までに具体的な結論を出す考えだ。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
17日に参院選公約発表=民主
副幹事長14人を内定=小沢氏側近抜ける
民主、参院選前の追及回避=自民「臭いものにふた」と反発

小林議員の資金管理統括に有罪判決…北教組事件(読売新聞)
知人宅を「後援会事務所」=経費4200万円計上―「適切」と説明・荒井戦略相(時事通信)
参院選60議席目指す=岡田外相(時事通信)
広島少年院暴行の元教官、二審は猶予判決 示談など考慮(産経新聞)
トラブル防止へ「入所時リスク説明書」を公表―全老健(医療介護CBニュース)
posted by クロサワ ヤスヒコ at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。